パートナーエージェントのメリット・デメリット

パートナーエージェントのメリット・デメリット

2018年12月3日 オフ 投稿者: tomakosate

パートナーエージェントにはたくさん口コミがありました。その口コミをまとめていくと、パートナーエージェントに入会することのメリットとデメリットの両方がみえてきましたのでまとめました。

【パートナーエージェントを利用するデメリット】

『会費が他より高い』
パートナーエージェントは他の相談所よりも、少し料金が高いようです。料金が高いと入会するのにも躊躇してしまいそうですし、続けられるかなと心配になりますよね。

なぜ他よりも高いのかというと、一人一人に専任のコンシェルジュさんが担当となり、その人に会った婚活をサポートしてくれるので、その分料金も高くなっているんですよ。

データマッチングだけなら、他の紹介所でもあるでしょうが、うまくいかなかった時なんかは一人じゃ挫折しそうになるかもしれません。コンシェルジュさんがサポートしてくれることにより、次につなぐ道筋を一緒に考えて下さるその料金を「高すぎる」ととるか、「高くはない」ととるかを想像してみてくださいね。

『入会しても相手が見つかるとは限らない』

口コミから紐解いていくと、「紹介はされるが、なかなか好みの人ではない人」だったり、「お見合いまでは出来ても、次への交際へとつながらなかった」という、落胆した口コミもありました。

コンシェルジュさんと相談して、悪かった点を改善したり、お相手条件を見直すことで、成功した人の口コミも確かにありますので、コンシェルジュさんと粘り強く探し続けるなり、思い切ってコンシェルジュさんの交代を頼むなり、長期戦を覚悟して望まれると、開けて来るのかもしれませんね。

【パートナーエージェントで活動するメリット】

『会員が多いので相手が見つかる可能性が大きい』

パートナーエージェントの40代の会員割合は、男性は全体の40%以上を40代が占めています。それに対して女性会員は全体の約20%が40代です。

つまり40代男性諸君、まだまだ遅くないですって証明されてますよね。40代男性は、同世代の40代の女性は少ないですが、お相手の対象年齢を30代位から同年齢くらいまでの幅を持たせれば出会いのチャンスはたくさんありますよ。

一方40代女性は同世代の女性のライバルは少なく、同世代の男性は多い状態となります。ですので同世代の会員から選ばれる可能性が高いですよね。

『担当コンシェルジュさんから、アドバイスがもらえる』

パートナーエージェントでは1人1人に専任のコンシェルジュが担当してくれますが、このコンシェルジュさんがすごいんです。高いスキルと感性を磨くため、200時間以上の研修を行っていて、また独自のトレーニングシステムを構築しているので、高いコーチングスキルを身につけている頼もしい存在ですよ。

それによって、相手の理想像や結婚観への、自分が気付かなかった潜在意識までも見つけてもらい、その人に会ったサポートやアドバイスを受けることができるんですって。こんなコンシェルジュさんて一体何をする人なのか詳しく書いてありましたので、パートナーエージェントのHPをどうぞご覧ください。